お問い合わせ

運用型コンテンツ企画制作 マーケティング成果導出を継続支援

リードの獲得から育成、受注といったマーケティングゴールにむけてどこにボトルネックがあるかを分析し、その改善策となる新規コンテンツの企画、既存コンテンツの改修を継続的にご支援。成果検証、改善策導出に至るまで一連の運用~マーケティング成果導出支援を行います。

こんなことで悩んでいませんか?

  • どんな施策を優先的に行えば、KPIを達成することができるのか。具体的なイメージがわかない。場当たり的な施策になっている。
  • MAによる自動化の仕組みを走らせるにはコンテンツの数と種類が足りず、うまく活かしきれない事態になっている。
  • コンテンツの年間計画立案の必要性を感じているが、実際に計画し、実施するのが難しい。今のキャパシティにも限界がある。

デジタルマーケティング戦略立案を行った上で
コンテンツの企画制作、成果検証後の改善策導出に至るまでの
一連の運用業務を継続的にサポートします

集客数・回遊率・CVの数値改善の鍵は
エンドユーザーの態度変容を促すコンテンツの“PDCA”

訪問者数やサイト滞在時間、資料請求数などの数値を改善するには、エンドユーザーに抱かせたい意識・気持ちを明確に描いた上で、その状態にするために「何(What)を伝えるか」を考えることが必要です。そして改善施策の実行には、事前にたてたKPIの達成状況を都度チェックし、次なる課題を設定してコンテンツの改修を行う「運用」が必須です。

エンドユーザーの態度変容=パーセプションチェンジとなる
コンテンツの継続的な成果検証~改修が必須

運用型コンテンツ企画制作の特長

「消費者心理」を捉え実行可能な
カスタマージャーニーマップを開発

デプスインタビューにより顧客心理を紐解くことで、どういう気持ち、印象となって行動につながるのか「認識の変化」をジャーニーマップで可視化。消費者心理を動かすコンテンツの企画を行います。

コンテンツの成果を見て
継続的に改修を実施

エンドユーザーの行動結果をコンテンツの成果指標とし、KPIの達成状況を定期的に検証。コンテンツの新規企画や改修(リライトなどのチューニング)、動線の整備などの運用改善につなげていきます。

展示会/カタログも含め
統合的にコンテンツを企画

長年BtoBのコミュニケーションプランニング、クリエイティブを行ってきたノウハウを活かし、コンテンツを企画。オンライン/オフライン問わず統合的にコンテンツを企画します。

アウトプット例


  • ペルソナ

    エンドユーザーの立場/課題/行動の傾向をモデリング 彼らに「どんな認識を抱いてもらいたいか」を描く
    自社商品/サービスにとって重要となるエンドユーザーの人物像を具体化したモデルのこと。役職やスキル、業務上の課題、それに対して取り組んでいることなど、詳細の設定を行います。


  • カスタマージャーニーマップ

    ペルソナのパーセプションチェンジを可視化し
    コンテンツマップと成果指標となるKPIを設計

    ペルソナを根拠にエンドユーザーの心理変化のプロセスを描いたもの。自社マーケティングゴールを実現させるための施策を洗い出し、成果検証を行うための指標(KPI)を可視化します。


  • コンテンツ企画案

    パーセプションチェンジを満たす企画を
    デジタル/リアル問わずご提案

    コンテンツの目的、テーマ、内容案、アウトプットイメージ、制作プロセスをドキュメント化。WEBコンテンツだけでなく紙媒体や動画、リアルイベントも含めてご提案します。


  • コンテンツ運用マニュアル

    SEOキーワードやコンテンツ形式、制作フローなど
    運用方針をドキュメント化

    どのワードを狙って流入させるのか。どのような形式のコンテンツなのか。どういうフローで進行するのか…など月次でリリースしていくコンテンツの運用ルールを策定します。


  • 効果検証レポート

    リードジェネレーション、ナーチャリング結果を分析
    コンテンツの改善策を提示し、実行する

    現状のサイトパフォーマンスやKPI達成状況をレビュー。未達要因を分析し、コンテンツの新規企画や改修、動線見直しなどの改善策を提示します。

  • その他アウトプット例

    • ・マーケティング現状分析/課題抽出
    • ・プロジェクト要件定義(成果指標策定)
    • ・サービスステートメント
    • ・更新コンテンツ テーマリスト/スケジュール
    • ・リード/ホットリード定義
    • ・メールシナリオ立案書

お取り組み例

集客数を増やしたい

  • キーワード設定 ペルソナが調べそうなキーワードを選定し、検索ボリュームや検索上位表示の可能性を検証した上で、注力キーワードを設定。

  • ブログテーマ立案 キーワードに沿って、ブログタイトルや内容を立案。数カ月先までの執筆スケジュールを計画します。

  • 流入傾向分析/改善 どのブログが集客に貢献しているかを分析。集客が見込めるブログは記事広告やSNSでの展開も検討し、さらなる流入を図ります。

コンバージョンを強化したい

  • コンバージョン傾向分析 コンバージョンに至るユーザーの傾向を分析し、どのコンテンツを拡充、改修すべきかを立案します。

  • コンテンツ拡充/改修 ホワイトペーパーやセミナーなどコンバージョンに貢献するコンテンツを企画、もしくは改修を行います。

  • CTA強化 ユーザーをコンバージョンさせるCTA(Call to Action)を見直し、CV率の改善を図ります。

ナーチャリングを強化したい

  • ホットリード定義見直し 商談に至りやすい見込客の特性をふまえ、どういう行動、属性であればホットリードとみなすのかを再定義。

  • メールシナリオ立案 ホットリード化させるために、どういうコンテンツをどういう順番で届けていくのかシナリオを立案します。

  • サイト動線改善 ホットリードの条件を満たす施策との一つして、サイト内の回遊率を向上させるための動線改善を図ります。

資料/お問い合わせ

ご質問・ご相談はお気軽に、下記フォームまたはお電話でお問い合わせください

06-6976-8632

■ 平日(月〜金)9:00〜18:00 土日・祝日/年末年始を除く

デジタルマーケティング 実績・事例

関連ページ