お問い合わせ

カタログ制作フロー診断 制作フローを診断し、改善することで
カタログ制作事務の
効率化/品質の向上を図ります。

これまでと同じやり方で制作を進めているはずなのにミスが減らない、スケジュール通りに進んだためしがない…。
いまが、改革のチャンスです。これまでのやり方を見直してみませんか?大伸社ディライトでは、制作フロー改善するためのワークショップを行い、新しい制作フローの構築をサポートいたします。

こんな状態になっていませんか?

よく見られるツールありきの制作行程

表面化しない潜在的な
課題は未解決

  • 仕様や価格等の変更が多く、いつも輻輳してしまう
  • 引き継いだ進め方だけど、同じような作業を何度もしてるような・・・
  • 部門間で発生する修正内容のとりまとめが大変。
  • 毎回すべての情報をチェックしているがもっとラクにならない?
  • アウトソースできる作業は無いだろうか?

大伸社ディライトの制作フロー診断

大伸社ディライトでは、最適な[表現設計・プロセスコミュニケーション・データ運用]の視点で、制作フローの診断と改善点のご提案をさせていただきます。

1.把握する
  • 聞くなぜかいつもミスが起こる、スケジュール通りにいかないといった現状の課題を徹底的にヒアリングをおこないます。
  • 知るヒアリングした内容を項目ごとに分類し、制作工程の中で何がおきているのかを知り、
    メンバーで共有する。
  • 診る共有した内容をもとにメンバーで工程の問題点を探り、解決策や新たな課題見つけ出す。
2.診 断

最適な【表現設計・プロセスコミュニケーション・データ運用】の視点で、制作フローの診断と改善点のご提案をさせていただきます。

3.優先順位を
決める

現状フローの把握から新たなフローを構築することで、プロジェクトを緻密に設計することができます。それにより、行き当たりばったりにならない、システマチックなプロジェクト管理が行えます。

4.課題の
根本を解決

多発するミスの抑制、品質の向上、業務負荷の軽減、さらには働き方改革を実現します。

現状のフローのどこが悪いのか、どう改善すればいいのかわからない…
「きっとここが悪いから改善しよう」、
「この作業は必要(と聞いているので)なので変えれない」。

そんな主観や先入観で取り組むのは非常に危険です。
現状把握をしっかり行うことで、
さまざまなフロー改善の手がかりを抽出することができます。

ご相談窓口

ご質問、ご相談などがあればフォームまたはお電話でお気軽に問い合わせください。

関連ページ

  • 販促・営業支援のプロがBtoB企業のコミュニケーション課題を解決

  • スタジオでのセット施工撮影、モデルを起用したロケ撮影などビジュアルプランと予算に応じた最適な撮影フローと体制を構成。

  • 品質管理体制の一環として、常時10名以上の校正者が稼働する専門チームを設置しています。