お問い合わせ
  • ブログ
  • BtoB向けのカスタマージャーニーマップの作り方を6ステップで解説

BtoB向けのカスタマージャーニーマップの作り方を6ステップで解説

2019年04月10日

「カスタマージャーニーマップを作りたい」「しかし、作り方がよくわからない」「どうすれば有効なカスタマージャーニーマップを作れるだろうか?」このように考えている担当者は多いでしょう。カスタマージャーニーマップは、マーケティングにおいてたいへん重要なはたらきを示すものです。

本記事では、「カスタマージャーニーマップの定義」「BtoB向けカスタマージャーニーマップの作り方6ステップ」「カスタマージャーニーマップ作成後の”落とし穴”」について、詳しく解説します。この点について課題感を感じている担当者は、ぜひ参考としてください。

カスタマージャーニーマップとは

地図とピン

まず、カスタマージャーニーマップの定義についておさらいしておきましょう。カスタマージャーニーマップとは、一言で言えば、プロダクトやサービスに対する顧客の行動や判断を可視化するための”フレームワーク”です。

顧客がプロダクトやサービスを購入するまで、さまざまなプロセスが実行されます。プロダクトやサービスを認知し、比較検討して、購入を決定し、そして評します。

その中で起きる顧客の挙動を時系列で整理し、自社製品との接点ごとでの明らかにするのが、カスタマージャーニーマップとなります。カスタマージャーニーマップを日本語に訳するなら、「顧客の旅行地図」といった意味です。

つまり顧客がプロダクトやサービスを認知して購入し、評価するまでの流れを旅行にたとえているわけです。それを地図にして可視化するのだから、「カスタマージャーニーマップ」と呼ばれます。カスタマージャーニーマップがあれば、顧客の挙動をわかりやすく把握することが可能です。

BtoB向けのカスタマージャーニーマップの作り方6ステップ

データ

上記のとおり、カスタマージャーニーマップはたいへん重要なフレームワークです。しかし、その作り方を理解している人は、決して多くありません。

カスタマージャーニーマップは、以下6つのステップによって作成することが可能です。

  1.  目的を明確化する
  2.  ペルソナを設定する
  3.  顧客行動に合わせてフェーズを設定する
  4.  チャネルやタッチポイントを設定する
  5.  顧客の感情や思考を洗い出す
  6.  自社課題を洗い出し、施策を決定する

上記の6つのステップについて、下記で詳しく解説します。本記事を閲覧しつつ、適切なカスタマージャーニーマップを作成してください。

1.目的を明確化する

 

BtoBカスタマージャーニーマップを作成する上では、第一に目的を明確化することが重要です。具体的には、以下のような形で目的をはっきりさせましょう。

  • 自社のプロダクトについて、改良するためのヒントを知りたい
  • オウンドメディアの運営について、よりユーザーが求めるコンテンツを把握したい
  • マーケティング分野におけるデータを収集したい

この目的は、企業やプロジェクトによって異なるものです。それぞれの状況を鑑み、適切に設定しましょう。目的は何なのか、なぜ作る必要があるかをはっきりさせておけば、カスタマージャーニーマップの作り方も見えてきます。具体的には、

  • カスタマージャーニーマップ上で、どこを注視すればいいのか
  • 顧客の挙動について、何を把握すればよいのか
  • どの程度の精度でカスタマージャーニーマップを作成するべきか

といったことがわかるはずです。そのカスタマージャーニーマップから得られる情報は、企業にとってたいへん価値のあるものとなります。

一方でカスタマージャーニーマップを作る前段階で、目的が明確でないことは、大きな問題となります目的が明確でなければ、カスタマージャーニーマップから適切な情報を得られなくなるでしょう。

役立つヒントが得られないどころか、企業の行動を不適切な方向へ導いてしまう可能性すらあります。本来は企業に大きなヒントをもたらすはずの、カスタマージャーニーマップ(地図)が間違っているのなら、コンバージョン(目的地)もまた、間違った場所となってしまいます。

カスタマージャーニーマップを作成するうえで目的を明確化することは、作り方のステップにおいてもっとも重要なポイントとなります。目的については、慎重に検討して決定しましょう。

2.ペルソナを設定する

 

続いて、ペルソナを設定します。ペルソナとは、一言で言えば「プロダクトやサービスの購入者において、平均的な人物像」のことです。

マーケティングにおけるペルソナは、「ターゲット」とは異なります。ターゲットとは、「20代のOL」や「40代の会社員」など、アバウトな形で指定する「自社の目的の対象となって欲しい”セグメント”」です。

一方でペルソナは、より詳細に指定された、「架空のユーザー」といった形になります。ターゲットは存在しますが、ペルソナはあくまでも「平均化された人物像」であり、実在はしません。実在はしませんが、ペルソナの求めるものに回答することが、そのままターゲットをコンバージョンへ導くことへつながります。

BtoBの場合、ペルソナとして設定すべき項目は以下のとおりになるでしょう。またBtoBであれば、企業ペルソナと責任者(裁量権を有する人物)ペルソナ、ふたつのペルソナを設定する必要があります。

<企業ペルソナ>

  • 業種名
  • 企業所在地
  • 拠点数
  • 従業員数
  • 売上高
  • 資本金
  • 予算策定のタイミング
  • 事業内容
  • 扱われているプロダクト・サービス
  • 企業風土、社風
  • 最終的な企業目標
  • 解決したい課題
  • 購入に関わるメンバー
  • 業界における特性
  • 業界におけるトレンド

<責任者ペルソナ>

  • 在籍部署
  • 性別
  • 年齢
  • 年収
  • 役職名・ポジション
  • 責任者として目標、課せられたミッション
  • 業務内容
  • 業務上の課題
  • リテラシー
  • キャリア年数
  • 部署所属歴

ただしカスタマージャーニーマップで必要となる項目は、ステップ1で明確化した目標によって異なる場合もあります。目標に応じて、適宜新しい項目を追加するなど、柔軟な工夫が必要です。もちろん、目標によっては、そもそも設定する必要がない項目も出てきます。

ペルソナを設定することで、より正確で効果的な仕上がりになります。ペルソナが明確化されていなければ、カスタマージャーニーマップもまた、明確なものではありません。よってカスタマージャーニーマップの作り方において、ペルソナは明確に設定することが重要です。

また、「ペルソナにはどのような行動を起こして欲しいのか?」も、決めておく必要があります。プロダクトやサービスの購入であるかもしれないし、オウンドメディアの熱心な読者になって欲しいのかもしれません。

ペルソナに起こしてほしい行動を明確に把握しているのなら、カスタマージャーニーマップから得られる情報やヒントはより合理的なものとなります。その状況に応じて、「ペルソナに取って欲しい行動」を明確にしておきましょう。

 3.顧客行動に合わせてフェーズを設定する(横軸)

 

さらに、顧客行動に合わせてフェーズを設定します。フェーズとは、わかりやすく言えば「顧客の意思決定や行動の段階を区分けし、一連の流れにまとめ上げたもの」です。

そしてフェーズごとの顧客における行動や思考をまとめていきます。BtoBにおけるカスタマージャーニーマップの場合、おおむね以下のような形で、フェーズを設定することとなります。

<顧客フェーズ(横軸)>

  1. 興味・認識
  2. 情報収集
  3. 比較検討
  4. 購入
  5. 評価
  6. リピート

フェーズについては、「興味・認識」から「リピート」へ至るまで、大きく分けて6つに分けられるでしょう。ただし目的によっては、よりフェーズを細分化する必要があるかもしれません。

あるいは、必要でないフェーズもあります。いずれにせよ自社の目的に基づいて、フェーズの作り方を工夫することが重要です。

また、設定した目的によっては、フェーズ設定が難しいかもしれれません。その場合はステップ4、「チャネルやタッチポイントを設定する」を先に実施することを推奨します。

チャネルやタッチポイントがはっきりしていれば、カスタマージャーニーマップの対象がどのようなフェーズを有しているか、見えてくるはずです。

4.チャネルやタッチポイントを設定する(縦軸)

 

顧客行動に沿ったフェーズが設定できたら、「チャネル」や「タッチポイント」を設定しましょう。タッチポイントとは、一言で言えば「プロダクトやサービスなどと、顧客の接点」を意味します。

たとえばホワイトペーパーをダウンロードしたのなら、それは「商品理解」フェーズなどにおける、一つのタッチポイントです。そしてチャネルとは、「タッチポイントが発生した媒体」を意味します。

同時に、ホワイトペーパーを掲載している自社サイトがチャネルということです。タッチポイントとチャネルを設定することで、「いつどこで、顧客は何をしているのか」がはっきりと見えるようになります。

また、注視しなければいけないのは、タッチポイントやチャネルのみではありません。その前後にあった行動についても、考察することが重要です。顧客行動をしっかりと観察することで、のちのちアイデアや施策が思いつくかもしれません。

たとえばプロダクトを購入する直前では、「販売サイトや実店舗を訪れている」、というアクションがあります。このようにして、「タッチポイントのその瞬間だけ」を追いかけるのはなく、「顧客の行動をできるだけ、一連の流れとして掴む」ようにしましょう。

そうすることで、後ほど顧客の挙動をより正確に把握しやすくなります。

 5.顧客の感情や思考を洗い出す(縦軸)

 

次に、顧客の感情や思考について洗い出しを行います。このステップでは、今まで設定してきたフェーズごとのタッチポイントやチャネルなどを参考とします。フェーズごとで顧客が何を思い、どのように考えてきたかを推測することが重要です。

たとえば、「情報収集・商品理解」における「感情」であれば、「これはすばらしい製品だ」「あまり魅力的ではないな」というようなことが見えてくるでしょう。同じように「思考」であれば、「この製品は、自社にとって予算内でおさえられるか?」といったことが思い浮かびます。

こういった形で顧客の感情や思考について、フェーズごと洗い出していくわけです。フェーズごとでの顧客の感情や思考が見えてくれば、施策として何が必要なのか、ある程度見えるようになります。

カスタマージャーニーマップにおいて顧客の感情や思考について考察する場合、いわゆる「ブレスト」が推奨されます。その方法は、決して難しいものではありません。

まず、カスタマージャーニーマップそのものをホワイトボードなどに張り出します。続いて、対象となっているプロダクトやサービスに関係する人物が、顧客の感情や思考について、全員で考察するわけです。

このような形を取れば、より正確性の高いカスタマージャーニーマップを作成できます。なぜなら複数で作成することにより主観が排され、より客観的な顧客の感情や思考を考察できるからです。

可能であれば関係者を巻き込み、組織単位で顧客の心理分析に向き合うことを推奨します。

6.自社課題を洗い出し、施策を決定する

 

ステップ5までで、カスタマージャーニマップ上で必要となるデータが出揃いました。続いては、カスタマージャーニーマップを元にして自社課題を洗い出します。

顧客の感情や思考を元にすれば、さまざま課題が見えてくるはずです。たとえば、

  • 「より興味関心を引くために、広報に力を入れなければいけない」
  • 「アクセスアップのため、オウンドメディアの更新頻度を高める必要がある」
  • 「リピートがかかっていないので、サービスやサポートをレベルアップしなければいけない」

というような、顧客の心理あるいはペルソナとは一致していない部分が課題として見えてくるでしょう。そういった課題が見えてくれば、おのずと必要となる施策も見えてくるはずです。

注意したいのは、「ステップ1で決めた目的を失念しないこと」。ここで発案される施策は、目的をクリアするためのものでなければ、カスタマージャーニーマップを作成した意味がありません。

他の目的に気を取られないように注意しながら、施策について考える必要があるわけです。目的から逆算して考えれば、より的確な施策が見えてきます。

ここまでが、BtoBビジネスにおけるカスタマージャーニーマップの作り方となります。

作成後は、資料として見やすく清書しておくのがよいでしょう。なぜなら、カスタマージャーニーマップについては、マーケティング部だけではなく、他部署にも共有できるから。よくまとめられたカスタマージャーニーマップは、マーケティング担当者でなくとも理解しやすい、たいへん重要な資料となります。

たとえば営業担当者がカスタマージャーニーマップを手にすれば、「では営業時には、この点について強気のトークを展開しよう」などと、ヒントが得られることもあるはずです。また、「カスタマージャーニーマップに書いていることと、営業時に起こっていることが一致していない」といった、照会が実施できる場合もあります。

せっかく作ったカスタマージャーニーマップを、自分の担当範囲でしか使わないのは、非常にもったいないこと。ぜひ、他部署にも参考できるような資料としてまとめ、共有しましょう。

カスタマージャーニーマップ作成後に陥ってしまう落とし穴

PC

カスタマージャーニーマップを実際に作成してみると、課題は明らかになったものの、「そのためのコンテンツの企画においてはなかなか着手できずにいる」というケースが散見されます。

一般的にカスタマージャーニーマップといえば、最初に認知や行動など、各フェーズにおいてどのようなタッチポイントがあるかを観察するものです。そして、それぞれの施策の結果、どのようなユーザーエクスペリエンス(UX)を与えているかを俯瞰的に確認します。そして、自社が今、「どのフェーズに対して施策を実施できていないか」といった部分までは、比較的容易に到達するわけです。たとえば、

  • 認知のフェーズが手薄だから、ブログでのコンテンツ発信が必要である
  • 理解のフェーズを強化したいからホワイトペーパーをアップしよう
  • 情報収集の経路を増やすため、アプリを作って、導線を整えよう

というようなことは、カスタマージャーニーマップから見えてきます。しかしながら、肝心なコンテンツを企画制作するのは、やはり簡単なことではありません。それを継続的に実施するとなれば、なおさらハードルが高くなります。

コンテンツを企画する上で必要なこととは

コンテンツを企画することは、多くの場合に大きな課題となります。しかし、これには一つの解決策が挙げられます。「カスタマージャーニーマップ上にコンテンツ企画の要件まで書き込んでいく」という方法です具体的には、以下を指します。

  1. ターゲットにどんな意識、気持ちを抱いてもらうのか
  2. そのために何を伝えるか
  3. どのような手法で伝えるか

コンテンツを企画する上では、特に1.ターゲットにどんな意識、気持ちを抱いてもらうのかが、とても重要です

そもそも、コンテンツを企画する上では「自社商品・サービスの特長をいかに伝えるか」「競合企業と差別化できる要素をいかに伝えるか」といったことに意識が向けられがちです。もちろん、そういった方向性で企画を進めていくことは、間違った方法ではありません。必要に応じて、それらを伝えて優位性を保つことも重要です。

しかし実際には自社がそうだと思っている情報でも、顧客にとってはそうではない場合もあります。自社が強烈な魅力だと考えているところにも、「そうなのか」程度にしか思ってもらえず、温度感が生じるのは珍しいことではありません。

余程のUSP(Unique Selling Proposition=競合企業にはない自社独自の強み)があれば、それを伝えることで顧客を振り向かせることができるかもしれません。しかし、成熟化している昨今の日本市場においては、競合企業との差別化は難しくなっているのは事実です。

したがって、今すぐに強烈なUSPを用意するのは、現実的な解決策とは言えません。さらに、たとえ業界内で際立った特長だとしても、それを伝えるコンテンツが適切なものでないと、「比較検討した結果、自社を選んでくれる」というところには到達しづらいのです。

しかし、「何を伝えるか」から考えるのではなく「どのような気持ちになってもらいたいか」を考えれば、このハードルはクリアできるかもしれません。

カスタマージャーニマップの作り方でも触れたように、顧客の心理はフェーズごとで目まぐるしく変化します。フェーズごとでの顧客の理想的な「気持ちの持ち方」を考えます。

最終的にコンバージョンする上では、

  • A社のサービスの解説が一番わかりやすい
  • A社は皆が良いと言っているから安心だな
  • A社が一番アフターケアしっかりしてそうだ
  • A社の提案が一番ワクワクした

といったポジティブな印象、意識、認識をもってもらうことが重要です。でなければ、顧客は自社プロダクト・サービスに関心を持ちません。

つまりコンテンツには、「顧客が自社に対して抱いている何らかの意識や気持ち(=パーセプション)」を、望ましい状態に変化させることが求められます。コンテンツを企画する際に必要なのは、「何をイントロダクションするか」だけではありません。

顧客に抱かせたい意識・気持ちを明確に把握したうえで、「そのために、どのような情報を(=コンテンツ)どういう手段で(=メディア)伝えると有効なのかを考えること」なのです。

 

 

カスタマージャーニーマップとは、顧客が自社にとって望ましい状態(たとえば発注)に至るまでのパーセプションチェンジの連続です。「そのために何をどういう手段で伝えると有効なのか」というコンテンツ企画の要件まで盛り込んだ内容になっています。

これが、実際に作成したカスタマージャーニーマップのサンプルです。自社のマーケティングゴール(購入/リピーター化/入会など)に至るまで、顧客の意識がフェーズごとでどのように変化していくのかを描き、各ステージに移行させるための施策(コンテンツ/メディア)を記載しています。

先に述べた3つの要素が盛り込まれていることがわかります。

  1. ターゲットにどんな意識、気持ちを抱いてもらうのか
  2. そのために何を伝えるか
  3. どのような手法で伝えるか

これらを順に考えていくことが重要です。ちなみにこれは、株式会社電通のフレームワーク「TPCM」に則った手法です。

1.はすなわちTargetとPromotionに該当します。そして2.はContents、3.はMeans(手段)に該当。

このようにカスタマージャーニマップを使って、「何のコンテンツを、どのように発信していくか」が、明らかになります。ぜひ一度、カスタマージャーニーマップ作成後の施策実行のフェーズを意識して、コンテンツの企画までを念頭に置いて、実行してみてください。

BtoB向けカスタマージャーニーマップの作り方やポイントをしっかりと抑えよう!

BtoB

カスタマージャーニーマップは、顧客について、プロダクトへの興味から購入・リピートに至るまでのフローを可視化できる、すぐれたフレームワークです。カスタマージャーニマップがあれば、顧客の挙動について、一連の流れで理解できます。

昨今では顧客の行動も多様化し、既存の方法で追跡、分析するのが難しくなりました。また顧客の匿名化や市場成熟の背景もあり、こういった部分をクリアするのは、企業における重要なミッションとなりつつあります。

カスタマージャーニマップがあれば、上記のような局面においても、顧客理解を促進できます。そしてそこから、適切な施策を考案することも可能です。

なお、カスタマージャーニーマップにおけるより詳細な事例は、こちらから確認できます。ぜひご参考ください。

BtoB向けコンテンツ企画の推進を加速する『カスタマージャーニーマップ』のつくりかた

BtoB向けコンテンツ企画の推進を加速する『カスタマージャーニーマップ』のつくりかた

資料ダウンロードはこちらから 資料ダウンロードはこちらから

資料内容/ポイント

  • デジタルマーケテイング推進の重要ポイントであり、かつ、運用遅延の課題ともなりがちな『コンテンツ制作・運用』。同資料では、コンテンツ制作を戦略的・計画的に運用するための設計書ともいえる『施策設計型カスタマージャーニーマップ』の作り方についてご紹介しています。
  • 【こういった方にお勧め】コンテンツを拡充させたいが、どんなコンテンツをどれだけアップしていけばいいのか具体的に計画できていない/購入プロセスや検討段階に応じてコンテンツが必要/カスタマージャーニーは作ったが、有効活用できていない
  • 【ポイント01】「だれに、何を、どのように伝えるか?」を徹底して可視化
  • 【ポイント02】見込み客の態度変容(パーセプションチェンジ)に着目します
  • 【ポイント03】マーケティングオートメーションへの実装に適しています

よく読まれている関連記事

ご相談窓口

ご質問、ご相談などがあればフォームまたはお電話でお気軽に問い合わせください。

古本 真己

コミュニケーションデザイン部 次長

古本 真己

顔が見えるオンライン展示会サービス『meet × meet』開発PJT責任者▼カスタマージャーニーを通じて、Web/冊子/動画などジャンルを問わず企画・構成・編集を行うコンテンツプランナー。最近はプロジェクト全体のプロデュースから運営・ディレクションまでを担うPMを担当。

<無料!>お役立ち資料はこちら お問い合わせはこちら