お問い合わせ
  • ブログ
  • [用語解説]パーセプションチェンジとは

[用語解説]パーセプションチェンジとは

2018年11月20日

広告業界でしばしば耳にする言葉、パーセプションチェンジ。マーケティングオートメーション(MA)運用担当者にとっては必須の知識です。ここではパーセプションチェンジの用語解説を行います。

「パーセプション」は和訳すると「認知」「意識」という意味。広告業界において企業がユーザーの認知や意識を変えるために使用されてきた言葉です。

たとえば、化粧品を扱うA社は20代女性に対して『最近よく聞くが、歴史が無く品質が心配』と思われている状態にあるとします。その状態から『チャレンジ精神のある会社で自分に最適な商品を提供してくれる会社』というイメージに変わるように、ユーザーの認知や意識に変化を生じさせることを「パーセプションチェンジ」といいます。ちなみに、パーセプションチェンジを繰り返し、ユーザーに継続購入してもらったり他人に薦めてもらったり…という最終のゴールにたどりつかせるための全行程がカスタマージャーニーマップとなります。

パーセプションチェンジを実現させるために、マーケターや販促担当者(特にマーケティングオートメーション運用担当者)はどのようなコンテンツをどのようなメディアで届ければいいかを考えていくことになります。つまり、ユーザーの心を動かすコンテンツを用意できるかどうかは、きちんとユーザーのパーセプションを捉えられているかどうかにかかっています。ユーザー心理に立ったときに、Before→Afterが一足飛びになっていないか。心理的変化がリアルにイメージできるかどうか。企業都合のパーセプションになっていないか。ユーザーのパーセプションを的確に描けるかどうかは担当者の腕が問われる部分といえるでしょう。

 

よく読まれている関連記事

ご相談窓口

ご質問、ご相談などがあればフォームまたはお電話でお気軽に問い合わせください。