お問い合わせ
  • ブログ
  • 知らないうちに機会損失?!今すぐチェックできる自社サイト見直しのポイント

知らないうちに機会損失?!今すぐチェックできる自社サイト見直しのポイント

2015年10月29日

自社サイトを営業ツールとして見直す

早速ですが、皆さんに一つ質問があります。スマートフォンの登場によってインターネットを持ち歩けるようになった時代、会社案内に変わって企業の顔となりつつある「自社のWebサイト」。
 
しかしこの自社サイト、十分に有効活用できているでしょうか?
 
企業活動自体は毎日更新されているのに、Webサイト上では更新されていない(広報を中心に行う社員がいない)。サイトリニューアルして綺麗になったが、どんな効果があったのか実感できていない、作りっぱなしでお知らせだけ更新している。就職活動の時にチェックしたけど、それ以来見ていない。そんなお客様の現状をよくお聞きします。有効活用すれば市場の拡大が見込める営業ツールであるのに、Webサイトへの理解がないことで他社との差は大きく開いていきます。それは企業にとって大きな機会損失となっている可能性があります。

自社サイトの重要性を実感した苦い経験…

そういう当社も、これまでは「サイト(以前のサイト)を見たけど、何を提供してくれる会社なの?」というお言葉をいただくこともありました。テレアポの段階でも「ちょっと企業サイト見たいのでURL教えて頂けます?」と確認されるお客様もいらっしゃって「よくわかりませんでした」という反応に苦笑いする場面も…(笑)その度に「自分の言葉を補足してくれる味方の様なWebサイトがあればテレアポや面談先でのトークが楽になるのに」と思ったものです。

↓まさに心の中はこのような状態に、、、、

sad

スマートフォンが登場し、いつでもどこでも簡単に情報を調べられる時代となった今、全く調べていない状態で面談に臨む方は少なくなっています。特に仕事の情報となると関与度は増し、少しでも情報を事前に集めようとするのは当然のことです。一方、若い営業パーソンの中には企業に対する理解がまだまだ追いついておらずセールストークも身についていないため顧客との良い関係づくりが出来ていなかったり、他の企業との差別化が出来ずに「業者」としてしか見られていない…という状況も多いのではないでしょうか。そんな方々のサポートともなり、見込み顧客を選別、見込み顧客をロイヤルカスタマーへと育成した状態で営業へバトンタッチしてくれるのが「Webサイト」です。

 
『重要性は分かったけど、何から始めたらいいのか分からない!!』

という方もいらっしゃると思うので、今からでも始められるサイトを見直す際のポイントの例をご紹介します。

 

サイトを見直す際の3つのポイント

1. このサイトで「何を成し遂げたいのか」というゴールを設定する
→根本的な部分となるので、サイトを見直す際には最も重要となります。
 
2. 具体的な数値目標、効果指標を策定する
→直帰率○○%以下、お問い合わせの増加率○%など、数値化して、常にチェックしていくことで「次のアクション」が立てやすくなります。

3. 部署を横断したコミュニケーションの実施
→営業ツールとして活用しているかの聞き取り、営業からの顧客の声のフィードバックを頂く。定性的な分析を行うことで、ニーズに基づいたサイト設計が可能となります。
 
記載しているのは、あくまでも見直す際のポイントの一部です。

大伸社ディライトではWebサイト構築やデジタルマーケティングの支援を行っています。自社サイトの活用について課題をお持ちのお客様はぜひ一度ご相談ください。自分たちの会社のWebサイトをお客様の立場となってチェックしてみると新たな発見があるかしれません。ぜひ自社サイトを見直し、有効活用してより良い営業活動に活かせるツールとして有効活用していきましょう!

ご相談窓口

ご質問、ご相談などがあればフォームまたはお電話でお気軽に問い合わせください。

荻田 勝也

アカウントマネージャー

荻田 勝也

デジタルマーケティング領域における戦略策定から施策実行までのプロジェクトマネジメントを担当。 ビジネス成果の貢献に向けて、既存の枠に捉われない新たな枠組みや仕掛けを考え・実現していきます!