お問い合わせ
  • ブログ
  • DTPの現場より[1] 危険がいっぱいなデータコンバートを より安全に行うために

DTPの現場より[1] 危険がいっぱいなデータコンバートを より安全に行うために

2018年08月02日

旧データをそのまま流用するだけ?

Adobe Illustrator やInDesignといったグラフィックデザインの編集ソフト。これらが進化していくのは、私たちDTP制作の現場にとってもありがたいことではありますが、旧バージョンで作成されたデータを流用してカタログの改訂作業などを行う時には、様々な危険をはらんでいることも事実です。
新しいバージョンで開いただけでは、様々なデータトラブルが生じ、しかも、往々にして一目見ただけでは分からないような、微妙かつ重大な不備だったりしますので、本当に危険がいっぱいといえます。
「旧バージョンのデータをそのまま流用するだけ」という認識で、新バージョンにコンバートする作業が必要なこと自体、あまり意識されていないケースも多く、予期せぬトラブルによってスケジュールやコストにも大きな影響が出てしまうこともしばしばではないでしょうか。ここでは、私たちプロセスデザイン部が、DTPの現場で行っているデータコンバートの方法をご紹介いたします。

データコンバートをひとつの工程として考える。

私たちのデータコンバートの一般的な手順は下記のようになります。

① 旧バージョンのデータ検証

作成されたバージョンや使用フォント、素材データなどの状況を調べます。その段階で、コンバートしやすい状態にデータを整える場合もあります。

② 新バージョンで開く

新たに作成するバージョンでデータを開きます。

③ 従来の実例をもとに不具合のチェック・調整(オペレーター)

過去のトラブルなどをもとにしてデータ不備を検証し、調整作業を行います。

④ デジタル校正(旧バージョンPDF vs 新バージョンPDF)

さらにデジタル校正で新旧の差異を検証します。

⑤ 不具合のチェック・調整

デジタル校正で検出された差分について状態をチェックし、必要に応じて調整を行います。

⑥ 新バージョンへのコンバート

新バージョンへのデータコンバートが完了します。

特に③と⑤は人による作業となり、過去の経験値によって時間と精度が大きく変わるところになります。私たちは、DTPの現場で培ったノウハウとデジタルツールを活用し、高い精度で効率良いデータコンバートを実現いたします。

IllustratorのデータをInDesignに自動的に再構築!

最後にIllustratorのデータをInDesignに再構築する例をご紹介します。どちらもAdobeの編集ソフトですが、特にページ数の多いカタログを制作する編集ソフトとしてはInDesign の方が断然適しているといえます。IllustratorのデータをInDesignに再構築する際には、InDesignでIllustratorのデータを直接開くことはできませんので、通常はコピー&ペーストでオブジェクトやテキスト情報を移植していくことになります。それでは、人的なミスも多くなり、もちろん時間とコストも多くなってしまいます。私たちはその作業を自動的に行うプログラムを作成して、効率化を図っています。
下記のムービーで、Illustratorのデータ(画像、文字、線画情報)をInDesignに自動的に再構築する画面がご覧いただけます。

過去のデータを、その状態や使用目的に応じて活かすためにも、最適なデータコンバートのあり方をよく検討する必要があります。
もちろん、データコンバートのみのお仕事もお請けしておりますので、お気軽にご相談ください。

担当
プロセスデザイン部 編集チーム 上西大
プロセスデザイン部 校正チーム 宍戸哲也

ご相談窓口

ご質問、ご相談などがあればフォームまたはお電話でお気軽に問い合わせください。

堂谷 博史

プロセスディレクター

堂谷 博史

カタログ制作の進行管理を担当。主に中型〜大型300〜1500ページのカタログ進行を担当することが多く、品質向上、効率化、負荷を抑制、リスク回避など、お客様の要望に合わせたワークフローやスケジュールの設計を行います。