お問い合わせ
  • ニュース
  • 【新サービスのお知らせ】バーチャル展示会のプラットフォームサービス 「meet × meet(ミーツ)」

【新サービスのお知らせ】バーチャル展示会のプラットフォームサービス 「meet × meet(ミーツ)」

2020年09月24日

【新サービスのお知らせ】バーチャル展示会のプラットフォームサービス 「meet × meet(ミーツ)」

 

この度、大伸社ディライトと大伸社コミュニケーションデザインは、展示会や企業説明会といったイベントを主催する企業様のためのバーチャル展示会プラットフォームサービス 「meet × meet(ミーツ)」を共同開発いたしました。11月初旬よりご提供を開始します!

今の時代だからこそ、新しいビジネスの出会いのカタチ。「meet × meet(ミーツ)」はバーチャル展示会でありながら、オフライン展示会さながらの人の賑わいも体感することができる空間設計となっています。新型コロナウィルスの第2波、第3波も懸念される状況下、 大人数が集まるイベント・展示会は今秋以降も延期・中止になる可能性が考えられます。そんな状況のもとでも、リアル展示会で行っていたことをオンラインでも再現できるサービスとなっております。

オンライン上での商談機会創出にこだわり、「出展側と来場者双方のコミュニケーションが感じられる展示会体験」、「オリジナリティが出せる展示会設定」、「開催後の多彩なデータ取得」など様々な工夫やサービスが魅力。カンタン操作で企画・運営ができ、バーチャル展⽰会が初めての企業様も安⼼してお使いいただけます。

また、運営サポートや事務局運営のご支援はもちろん、マーケティングとデザインの知見を活かした展示会自体の企画やコンテンツ制作など、展示会運営に付随するお困りごとのご支援も可能です。
 
先行してサービス概要を紹介する特設サイトを公開しました。ぜひご覧ください!

 

バーチャル展示会プラットフォームサービス 「meet × meet(ミーツ)」

特徴① 顔が見えるから、話しやすい 
特徴② 直感的な操作を可能にするUI 
特徴③ 多様なデータを取得可能 

https://service.meetxmeet.com

 

プレスリリースはこちら https://www.atpress.ne.jp/news/227965