お問い合わせ
  • 実績・事例紹介
  • ブランドの世界観を忠実に伝える 総合カタログを制作。BtoB広告賞も受賞

ブランドの世界観を忠実に伝える 総合カタログを制作。BtoB広告賞も受賞

CLIENT : 石塚硝子株式会社様

カタログ/パンフ制作

  • ブランドの世界観を忠実に伝える 総合カタログを制作。BtoB広告賞も受賞

背景/課題

代表ブランド「津軽びいどろ」の魅力が伝わるカタログを作りたい

石塚硝子株式会社様と大伸社ディライトとのお付き合いが始まったのは、2013年のことでした。石塚硝子株式会社様は、プロユースから家庭向け、オーダーメイド商品まで取り扱う、さまざまなガラス食器やガラスびんなどの製造・販売を行う大手総合容器メーカーです。代表的なブランド「津軽びいどろ」は、職人たちが一つひとつ手作りするハンドメイドガラスで、青森県の伝統工芸品に認定されているもの。グラスなどの器から水盤、花器、オブジェまで、さまざまなアイテムが揃います。
しかし、2013年当時のカタログはさまざまなブランドをまとめて紹介するタイプだったため、ブランドとしての「津軽びいどろ」のよさを伝え切れていませんでした。そこで、「津軽びいどろ」単独の製品カタログをご提案。「津軽びいどろ」の魅力を最大限に表現し、かつバイヤーの方々にとって使いやすいカタログの制作を目指しました。

施 策

青森での取材・撮影を活かし、製品が生まれた背景まで表現

カタログ制作にあたって特に注力したのは、「津軽びいどろ」の世界観をいかに忠実に表現するかでした。「津軽びいどろ」は、青森の季節や自然、色をガラスに映し取っているのが特徴です。そこで、ねぶた、林檎など毎年のテーマを設定し、イントロページでテーマにまるわる話題を展開して青森らしさをアピール。また、「津軽びいどろ」を導入された青森の旅館などを取材し、使用シーンを紹介しています。
製品ページでも、シリーズ扉には製品と関係のある青森の風景を採用しました。例えば、深い緑色が美しい「七里長浜」シリーズには、七里長浜を舞台に製品を撮影した写真を使用。青い空と白い雪がモチーフの「八甲田 ザラメ雪」シリーズでは、実際に雪の降る八甲田山で取材・撮影を行いました。
もちろん、利用者の視点で商品カテゴリーを検討するなど、使い勝手のよさにも配慮しています。そして、カタログの顔である表紙には特殊なUV加工を採用。ガラスの透明感をイメージさせるとともに、手触りに変化のあるユニークな表紙としました。

成 果

クリエイティブが高く評価され、「日本BtoB広告賞」も受賞

青森で撮影した風景を掲載し、青森で取材した情報を紹介し・・・と、とことん青森にこだわることで、より青森らしい製品カタログが完成しました。こうした取り組みが可能だったのは、「津軽びいどろ」ブランドサイトの企画・制作にも大伸社ディライトが携わっているという理由があります。サイトのコンテンツ制作で現地取材をさせていただき、その写真や情報を製品カタログにも活用して、オリジナリティある表現を追求することができたのです。
そのクリエイティブが認められ、2019年版の総合カタログは、第40回「2019日本BtoB広告賞」製品カタログ<総合>の部で銅賞を受賞。「美しいカタログ」との講評をいただきました。なお、「津軽びいどろ」のブランドサイトについても、第38回「2017日本BtoB広告賞」ウェブサイト<スペシャルサイト>の部の銅賞を受賞しています。
今後も、製品カタログとブランドサイトの両輪でさまざまな相乗効果を促しながら、お客様の活動に貢献していきたいと考えています。

PROJECT MEMBER

ご相談・ご質問はお気軽にご相談ください