お問い合わせ
  • 実績・事例紹介
  • エンドユーザー視点で 会社の強みを再構築し、会社案内を作成。 ブランディングのベースにも

エンドユーザー視点で 会社の強みを再構築し、会社案内を作成。 ブランディングのベースにも

CLIENT : 住友理工株式会社様

カタログ/パンフ制作

  • エンドユーザー視点で 会社の強みを再構築し、会社案内を作成。 ブランディングのベースにも

背景/課題

世界のステークホルダーにアピールできる 会社案内を作りたい

1929年創業の住友理工株式会社様では、長年培ってきた高分子材料技術と総合評価技術をもとに、自動車や鉄道車両用の防振ゴム、住宅用制振装置、自動車用ホース、精密樹脂製品などを製造しています。特に、自動車領域では、トヨペット・クラウンの時代からトヨタ自動車株式会社様に防振ゴムを提供。最近ではゴム製シール部材が燃料電池自動車「MIRAI」に搭載されています。また、インフラ領域でも、「のぞみ」をはじめ日本のすべての新幹線に住友理工製の防振ゴムが採用されるなど、さまざまな分野で安全や快適を支えています。

こうしたコア技術やブランド力は国内メーカーにはよく知られているものの、住友理工株式会社様としては、“Global Excellent Manufacturing Company”を目指すには十分ではないとのお考えがありました。学生や株主、海外の自動車メーカーや販売代理店などに向け、もっとアピールできる会社案内を作りたい。そうした思いからコンペが行われ、大伸社ディライトも参加することとなりました。

施 策

エンドユーザーの視点を取り入れながら コンセプトや強みを表現

新しい会社案内の企画にあたっては、住友理工株式会社様のビジョンをエンドユーザーの視点から再構築することからスタート。例えば、表紙では、住友理工株式会社様の技術や製品によって世界中の人々に快適な生活を提供できることを表現しています。

特集ページでは、新幹線に用いられる防振ゴムや心臓マッサージの訓練に用いる評価システム「しんのすけくん」を紹介。エンドユーザーも身近に感じられるトピックスを通じて、事業内容と開発に携わった社員の思いなどを伝えました。

事業・製品紹介ページでは、一般の人にもわかりやすいよう、多数ある製品の何がどこに使われているかをCGでビジュアル化。さらに、単なるラインナップ紹介に留まらず、世界シェアや売上目標を明記し、開発者の声や製品の進化をグラフで表すなど、会社の姿勢や方向性までも伝えるようにしました。また、製品ジャンルごとにひと見開きで完結させるよう工夫。必要なページだけを営業ツールとして活用できるようにしています。

 

 

 

成 果

Webサイトにも表現方法が踏襲され、 ブランディングのベースに

こうして制作した会社案内を日本語、英語、中国語で展開し、住友理工株式会社様から高く評価いただいています。営業ツールとして積極的にお使いいただけているようで、制作してすぐに増刷がかかりました。この会社案内のデザインや表現方法はWebサイトにもそのまま踏襲されており、ブランディングのベースづくりをお手伝いできたと考えています。

また、住友理工株式会社様からご紹介いただき、いくつかグループ会社のWebサイト制作に携わりましたが、親会社である住友理工株式会社様のWebサイトとのリンクを考えて構築したことで、統一感のある表現ができました。

 

PROJECT MEMBER

  • マーケティング部 UXプランニングチーム 次長

    小川 和重
  • マーケティング部 マーケティングチーム 次長

    山本 大輔

ご相談・ご質問はお気軽にご相談ください