お問い合わせ
  • 実績・事例紹介
  • インバウンドを呼び込めるWEBサイトへ リニューアルし、多言語対応も推進

インバウンドを呼び込めるWEBサイトへ リニューアルし、多言語対応も推進

CLIENT : 南海電気鉄道株式会社 様

WEBサイト構築/運用

  • インバウンドを呼び込めるWEBサイトへ リニューアルし、多言語対応も推進

背景/課題

海外からの旅行者に「大阪なんばスカイオ」の魅力を伝えたい

南海電気鉄道株式会社様が運営する「大阪なんばスカイオ」は、オフィスやコンベンションホール、ショップ、レストラン、クリニックからなる都市型複合施設です。ショップ・レストランフロアには、日本の本当の良さを発信する「ほんまもん」フロアや健康をテーマにした「ヘルシー・ラボ」フロアなど、こだわりのある店舗が集まっています。

従来のWEBサイトは、オフィス向けの情報・デザインとなっており、ショップ・レストランフロアの訴求が十分ではありませんでした。「大阪なんばスカイオ」は大阪南海なんば駅直結という好立地にあり、多くの観光客で賑わうエリアにあります。そこで、インバウンドを意識してショップ・レストランをメインとしたWEBサイトにリニューアルし、「大阪なんばスカイオ」の魅力を存分に発信したいとのご要望がありました。

施 策

新コンテンツ「極み見聞録」を核に、日本の文化やこだわりを発信

インバウンドの注目を集めるWEBサイトにするため、日本の伝統や文化、日本らしいこだわりに焦点を当てる目玉コンテンツを新しく作成しました。「極み見聞録」と名付け、ものづくりへのこだわりや匠の生み出す技などについて紹介。店舗だけでなく、本社や原材料の生産地を取材・撮影するなどして記事としてまとめ、毎月更新を行っています。

また、「ショップ」ページでは、リニューアル前は商品画像だけでしたが、海外の人でもわかりやすいようにショップ外観やロゴをアイキャッチとして使用。毎月2回、各店舗を回ってイベントや新商品のお知らせなどを聞き取り、常に新しい情報に更新することとしました。

成 果

観光で利用できる商業施設らしいWEBサイトが完成。順次、多言語化展開も

このリニューアルによって、インバウンドにターゲティングした商業施設らしいWEBサイトを構築でき、店舗の情報も充実させることができました。リニューアル当初は日本語ページのみでしたが、順次、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語と多言語展開を進めて行く予定です。また、より多くの海外の旅行者の方に来ていただけるように、各言語ごとの旅マエ/旅ナカのパンフレットも計画中です。

今後は、コンテンツマーケティングとさまざまなプロモーションを組み合わせ、より多くの方々に「大阪なんばスカイオ」の魅力を発信できるよう目指します。

PROJECT MEMBER

ご相談・ご質問はお気軽にご相談ください