お問い合わせ
  • 実績・事例紹介
  • 大阪で最も選ばれるコンベンションホールへ。認知拡大から集客・お問い合わせ数の増加を狙う。

大阪で最も選ばれるコンベンションホールへ。認知拡大から集客・お問い合わせ数の増加を狙う。

CLIENT : 南海電気鉄道株式会社 様

WEBサイト構築/運用

  • 大阪で最も選ばれるコンベンションホールへ。認知拡大から集客・お問い合わせ数の増加を狙う。

背景/課題

「なんばスカイオ コンベンションホール」の知名度を上げたい。

「なんばスカイオ コンベンションホール」は、2018年に南海電気鉄道株式会社様が運営する南海難波駅直結の都市型複合施設「なんばスカイオ」の7F・8Fに誕生いたしました。「なんばスカイオ コンベンションホール」は、難波という都心に位置し、かつ駅に直結しているという立地の良さに加え、最新設備も完備した都市型コンベンションホール(イベントスペース)および貸し会議室として、多くのお客様のニーズを満たせるポテンシャル(環境)を備えておりました。しかし、「なんばスカイオ」という商業施設自体が開業したばかりということもあり、コンベンションホールの知名度はあまり高くなく、かつターゲットとなるお客様に対して、情報を訴求して、リードを獲得し、お問い合わせに繋げられるようなマーケティング環境も整っていないという課題もお持ちでした。

施 策

オウンドメディアの立ち上げ、WEBマーケティングの本格稼働。

まず、ターゲットとなるお客様に「なんばスカイオ コンベンションホール」を知ってもらい、かつ「理解」を促すための情報を発信できる機能をもった、オウンドメディアの立ち上げに着手しました。特に重視した点は、競合他者との差別化と、見込み客との長期的な信頼関係の構築が可能なコンテンツの作成、およびコンテンツ作成フローの構築でした。オウンドメディアで「なんばスカイオ コンベンションホール」の特徴や強みをしっかりと訴求していくために、コンテンツマーケティングの一環として事例コンテンツを更新していくことで、ターゲットとなるお客様のイメージの具体化を促し、お問い合わせに繋げています。

また、リードを大量に獲得して、多くのお問い合わせをいただくための施策として、ペイドメディア(リスティング広告)を活用し、認知向上の目的達成と合わせて実施する予定です。その際に、単発の施策を行って終わりではなく、広告の実施データをしっかりと分析して、SEO対策/コンテンツ制作に役立てていく予定です。

成 果

オウンドメディア立ち上げ直後からお問い合わせ数が増加。今後の施策と合わせて売上目標の達成を目指します。

新規にWEBサイト(オウンドメディア)を開設してからすぐにお問い合わせ数が増加。今後実施予定のリスティング広告とコンテンツマーケティングによるリード獲得で、さらにお問い合わせ数を伸ばし、売上げの向上に貢献します。

PROJECT MEMBER

ご相談・ご質問はお気軽にご相談ください