お問い合わせ
  • 実績・事例紹介
  • 新商品開発ストーリーをコンテンツ化し、関西市場開発にむけたプロモーションとして展開

新商品開発ストーリーをコンテンツ化し、関西市場開発にむけたプロモーションとして展開

イベントプロモーション

  • 新商品開発ストーリーをコンテンツ化し、関西市場開発にむけたプロモーションとして展開

背景/課題

日本中、世界中に、たこ焼き文化を広めたい。関西でも親しまれる『築地銀だこ』でありたい

全国に約470店舗(2018年2月末現在)のたこ焼き店『築地銀だこ』を展開する株式会社ホットランド様は、1997年のブランド立ち上げ以降、日本全国にたこ焼きの美味しさや、楽しさを伝えるべく店舗を拡げており、今や海外にも20店舗以上展開する日本を代表するたこ焼きチェーンとなりました。

しかし、関東創業のたこ焼き店という点や、『築地銀だこ』のこだわりや作り方などが、たこ焼き文化の根深い関西圏では「関西のたこ焼きと違う。」という声もあり、関西圏における認知拡大と市場開発に注力していきたいと考えていた。

当社ではマーケティングおよび、プロモーションの実績と、大阪に本社を構える強みから、関西圏において多くの方に喜ばれるたこ焼きになるためのプロモーション施策について支援相談を頂きました。

施 策

T層 F1層をターゲットとした 当事者目線による、情報発信&商品開発

ホットランド様と議論の上、ターゲットを関西在住の若年層~20代の女性に絞り込み、ターゲットに届ける【コンテンツ】と【メディア】の組み合わせをゼロから組み立てました。

そこでパートナーとして声をかけたのが、10年に渡り関西でファッションイベントを継続開催している『KANSAI COLLECTION』。

『KANSAI COLLECTION』が、関西の食文化であるたこ焼きを、日本中、そして世界に広めるために『築地銀だこ』を選んだというコラボレーションストーリーで話題性を喚起。その上で、当事者目線で『築地銀だこ』の魅力を発信してくれるプロジェクトメンバーをターゲット層からオーディションにて選出し、グループワークなどを通じて『築地銀だこ』の魅力をしっかり把握した上で、期間限定の商品開発を行うという企画をコンテンツ化、それらを『KANSAI COLLECTION』というイベント=メディアを通して発信・拡散するプロモーションを展開いたしました。

 

IMG_7558

成 果

ターゲット層に対するリアル、デジタルともに着実な成果

一連のプロジェクトを通じて、『KANSAI COLLECTION』の公式サイト、『築地銀だこ』の公式サイトにて約半年間に渡り広く情報発信できたことは勿論のこと、プロジェクトメンバーによるSNS発信・拡散や、ファッション関連WEBメディアを通じた情報発信が功を奏し、同年夏ごろには『築地銀だこ』公式ホームページへのアクセスは大阪が全国で1位となりました。

関西においては、『KANSAI COLLECTION』のステージ出演を通じて約7万人のターゲット層へ直接PRができ、当日のステージ出演を生放送した映像配信サービスにおいても関西圏はもとより全国の方々へ広く認知していただくことができました。

 

【関コレ】えび塩_ポスター_A1_横2 (1) (Unicode エンコードの競合)

 

KC_byROBWalbers_0598

 

 

PROJECT MEMBER

クライアント
株式会社ホットランド様
目的
関西市場におけるT層F1層の女性に向けたプロモーション
担当
営業:桑山