特設サイト開設により オープンキャンパス参加者増加を実現!

芝浦工業大学様

受験生向けサイト構築

  • 制作期間:2016年11~5月
  • 目的:受験生への訴求/オープンキャンパス来場者の増加
  • 施策:特設サイトの制作/大学案内と連携を図りながら特長を訴求

特設サイト 芝浦工業大学を解く「3つの事実」
http://admission.shibaura-it.ac.jp/facts/index.html?fr=top

背景/課題

受験生に芝浦工業大学ならではの強みを伝えたい

東京都江東区・港区とさいたま市に計3つのキャンパスを持つ『芝浦工業大学』。昭和2年に誕生した東京高等工商学校が前身で、工学部・システム理工学部・デザイン工学部・建築学部の4学部を持つ理工系単科大学です。平成26年には文部科学省のスーパーグローバル大学に私立の理工系単科大学として唯一選定されました。また、設立以来の理念として実学教育を重視し、企業等との共同研究が盛んなことも当大学の大きな特長となっています。

2016年度版より大伸社ディライトが制作に携わっている大学案内では、こうした強みについても特集を組んで取り上げています。しかし、WEB上では効果的な訴求ができておらず、「受験生の方へ」ページでは目次項目の多さからどのページを見ればよいかが分かりづらいのが課題でした。

そこで、芝浦工業大学の強みを訴求する特設サイトの開設を提案。受験生にとって本命志望校候補となるよう、サイト閲覧率を高めてオープンキャンパス来場者数の増加を目指すことにしました。

 

スクリーンショット 2017-11-09 7.42.10

施策

エピソードを語るSTORYと実績を語るFACTで訴求

芝浦工業大学の強みとして、「実学教育」「国際教育」「キャリア教育」の3つを取り上げ、「芝浦工業大学を解く『3つの事実』」と題する特設サイトを立ち上げました。3つの事実はそれぞれSTORYとFACTで構成。STORYで学生や卒業生のインタビューで受験生の感情移入を誘い、FACTで具体的かつ客観的な数値で大学の強みをアピール。ページごとにオープンキャンパス告知サイトや資料請求サイトなどへ誘導するリンクを設け、アクションを促しています。

 

スクリーンショット 2017-11-09 7.38.20

 

スクリーンショット 2017-11-09 7.38.43

 

ビジュアルでは、パララックス(視差効果)で興味を引きつけ、さらにデータをインフォグラフィクで表して直感的に伝わるよう設計。視覚的なギミックを要所に用いながら、先端を行く理工系の大学にふさわしいクールな表現としました。

また、効率的に制作を進めるため、大学案内の取材時にWEB用の取材・撮影を組み込むよう運用面でも工夫。これにより、大学の方々にとっても取材を受ける学生や卒業生にとっても負担を軽減できたと考えられます。かつ、まったく同じ内容を掲載するのではなく、WEBではより登場人物に沿った内容としました。

成果

オープンキャンパスで過去最高の来場者数を記録

特設サイト「芝浦工業大学を解く『3つの事実』」は2017年6月にリリース。大学トップページにバナーを設けた他、フェイスブックやツイッターといったSNSでも告知を行いました。リリースから約3週間経った時点で、既に特設サイト訪問者の約半数がその後オープンキャンパスサイトを訪れているとの効果を確認できています。

10月31日までの集計では、32,422名のユーザーが特設サイトを訪れ、ページビュー数は173,224を達成。特に8月5日(大宮キャンパス)と8月19、20日(豊洲キャンパス)のオープンキャンパス当日やその前後のアクセスが顕著で、セッションのうち約35%はリピーターという結果になりました。

また、オープンキャンパスでは過去最高の来場者数を記録しています。オープンキャンパス関連ページのページビュー数と来場者数は相関関係にあるため、特設サイトの開設が大学の魅力アピールに貢献できたと考えています。

facebook