オウンドメディアの情報発信を一元化。
顧客満足度を高め、ブランド価値の底上げに貢献

朝日電器株式会社 様

  • 制作期間:通期で運営
  • 事業内容:配線器具から家電、日常品を取り扱うメーカーベンダー
  • 目的:企業としての情報発信の支援

ELPA 朝日電器株式会社
http://www.elpa.co.jp

背景/課題

商品のライフサイクルが早まる中
情報発信のタイムラグや社内での情報更新の重複作業が課題に

配線器具から家電、日常品まで取り扱うメーカーベンダーである朝日電器株式会社様。オリジナルブランド「ELPA」の商品を大手ECサイトや自社ECサイト、家電量販店やホームセンター等で一般ユーザーとプロユーザー向けに幅広く販売されております。

これまで総合カタログを年に1回印刷し発行。ほぼ毎月更新される商品情報については、WEBカタログ及び商品詳細情報ページをWEBサイト(コーポレートサイト)に設けて反映してこられました。加えてWEBサイトの運営担当とは異なる部署にてECサイトを2つ運営されており、こちらでもほぼ全商品の情報を別途管理されていました。

取り扱う商品数は約4,000点。膨大な点数に加えて製品ライフサイクルも早まっていく潮流の中、部署ごとにバラバラに管理されていた商品情報は、時にはズレが生じてしまうこともあり、お客様を混乱させかねない状態を招いていました。 また、新商品が発売されるとコールセンターへ似通った内容のお問合せも多く寄せられ、WEB上での解決策をご検討されていました。

さらにはそれぞれの部署で情報を個々に発信していたため、社内全体からみた場合、作業の重複による非効率性とご担当者様のスキルに依存した情報更新業務になっているという課題がありました。これらの課題を解決する為に私たちがご提案したのが、オウンドメディアで発信する情報の一元化です。

施策

情報を一元管理する社内体制を支援。
ご担当者様の負荷軽減とともに無駄のない情報発信をご提案

まず私たちが手掛けたことは、朝日電器様社内での情報調整のご支援です。今まで別々に情報発信していた複数の部署に、情報を一元管理する重要性をご提案。情報を決められたかたちで代表部署へ集約するルールの作成と運営フローに変更しました。その集約された情報をデータで毎月提供頂くことで、カタログ、WEBサイト、ECサイト、と各メディアに適したデータへ情報加工・制作し、情報発信するご支援を行いました。

情報収集から始めなければならない総合カタログの制作も、毎月WEBカタログを更新することにより、ご担当者様にかかる多大な負担も軽減することができました。また、朝日電器様が必要なタイミングで必要な部数だけ印刷してご利用頂くことも可能となりました。

さらにコールセンターへの似通ったお問合せについては、毎月これらの情報も収集し、WEBサイト上に「よくあるご質問」としてまとめることにより、お客様が直接コールセンターへお電話される前にWEBサイトで解決できる、という手法にも取り組みました。

 

 

left

 

right

成果

ECサイトの売上が前年比124%!

全ツールを常に最新の情報に保つことで、直販のECサイトの販売ロスが軽減されました。一般ユーザー様向けサイトで前年比109%、企業様直販サイトで前年比150%、トータルで前年比124%の売上UPを実現。また、毎月50件ほど発生していた新商品のお問い合わせの件数もほぼなくなり、業務効率もUPし、ユーザーサービスも向上されました。

定期的な情報更新に切り替えることにより、一度に改訂作業を行っていたときと比べ集中していた業務も分散されるので、ご担当者様にかかる負担の軽減にも貢献しています。

 

 

スクリーンショット 2017-04-28 12.41.25

 

 

 

スクリーンショット 2017-04-28 12.40.48

facebook